わきがの原因について

人によって軽度から重度まで症状が異なるワキガ

ワキガは独特な臭いがするために周囲の人に気付かれていないかと悩みの種になることが多いです。
軽度から中度、重度まで人によってワキガ症状の軽さ重さが異なります。
軽度であれば鼻を近づけないと分かりませんが、重度になると周辺の人に気付かれやすいです。
ワキガも体臭のうちの一つなので中々自分では気が付かないことが多いです。
家族から指摘されたり、周りの人の噂話を耳にして自分がワキガだと気付かされることがありました。

 

ワキガの原因は汗腺にあり

そんなワキガの原因は汗腺にあると考えられています。
ワキにはエクリン腺とアポクリン腺と2種類の汗腺が存在しています。
温度が上昇した時や運動した時には体温が上がります。
エクリン腺は汗を出して上がった体温を下げて調節すると言う働きがあります。
その汗の99%は水分なので殆ど臭い成分は含まれていないです。
殆ど水分のためサラサラな上に蒸発しやすいと言う特徴があります。

 

アポクリン腺から出る汗がワキガに

アポクリン腺はフェロモンを出して異性を惹きつけると言う働きがありましたが、現代人にはあまり意味の無い働きとなりました。
エクリン腺と違って緊張した時や興奮した時などに汗を出す、サラサラではなく粘り気があると言う特徴があります。
このアポクリン腺から出る汗にはたんぱく質や脂質、糖質、アンモニアなどいろいろな成分が含まれています。
アポクリン腺から出た段階ではまだ無臭であると言われていますが、エクリン腺から出る水分の汗と皮脂腺から出る脂肪分と混ざり合い、ワキに存在している細菌によってこれらの成分が分解されると臭い成分へと変化します。
これがワキガの原因であると考えられています。

 

体質や食生活にも原因が

まだ小さい頃はアポクリン腺の成長が十分でないのでワキガにはなりにくいです。
思春期以降になるとアポクリン腺が成長してきて人によってはワキガになることがあります。
体質によってワキガになりやすい方、なりにくい方に分かれます。
ワキガになりにくい人であれば、ワキ汗をかいても殆ど気にならない場合があります。
体質以外にも脂っこい食事ばかりと言う方はワキガになりやすいです。
そのため肉類をよく食べる欧米人のほうがワキガになりやすいと言われています。
近年では日本人でも食の欧米化が進んでいますのでワキガになりやすい環境です。
なるべく野菜や果物も取り入れたバランスの良い食事を摂取したいところです。
ワキガを気にするあまり人前に出ると緊張し、それが余計にアポクリン腺から出る汗を誘発しワキガの臭いがきつくなってしまうことがあります。
あまり普段から意識し過ぎないほうが良いです。