いざというときに知っておくべきわきがの知識

自分がワキガになる要因は生活習慣でした

ワキガというと「鼻を刺すように刺激臭」であったり「人を不快にする嫌な臭い」という認識がありますしいざ自分の周囲にワキガの人がいたとなればふとしたときにぷーんと臭いが来たときにはいい気持ちにならないでしょう。ワキガなんて他人事と思っている人に知っておいて欲しいことがあります。それは、誰でもワキガになる可能性があるということです。ワキガの要因は複数ありますので、どれか一つにでも該当し過度に偏った結果が出てしまうとワキガということになります。
例えば、タバコといった喫煙です。喫煙をする方は、口から煙を取り込み煙に含まれた成分はやがて血管の内部へと侵入し血液とともに体全体へと悪影響を及ぼします。この時注意しなければいないことは、タバコ特有の香りというのは血液が体内に運ばれるため体全体からしかも内部から臭いが発生するということです。
体の内部から臭いが発生するということはちょっとでも汗を掻くことで汗とともにタバコの残った残臭が体の外へと排出され常在菌によってさらに分解されますので、臭いがより強まります。
つまりワキガの要因の1つとしては、喫煙はワキガのきっかけとして認識しておくべきと言えます。

 

自分がワキガになった時の3つの選択肢

ワキガになってしまったと時に、一体どうすれば良いのか?ということについていは3つの選択肢が今はあります。
ボトックス注射、手術、ワキガ専用クリームによる治療です。
一般の方でも気軽に行えるもので者、ワキガクリームの使用です。ワキガの方は、脇の部分に添付をするだけで基本的には終了です。いたって簡単な処置方法です。しかし、根本的なホルモンバランスであったり生活習慣を直さなければワキガクリームだけでは根絶することにつながるかといえば疑問です。
次、ボトックス注射に関しては名前の通り注射をするわけです。しかし、ここでは話kがクリームよりも効果はありますが問題は、ワキガに対する有効期間です。ボトックス注射は個人差がありますが、効果期間は、半年から1年半と言われています。そのため、ボトックス注射の効果が切れてきた時には、またワキガの臭いが再発するということが多いにありえますので、事前に理解しておくことが必要です。多くの方は継続して1年に一回注射をしているという方も実際におられます。
最後に、手術ですがアポクリン汗腺に溜まったにおい成分が外科医師の手によって全て書き出しにおい成分を摘出するというものです。
手術をするわけですが手術当日で自宅に帰ることができますので会社勤めの方にも利用しやすい方法です。しかし、こちらの手術ですが難易度が高く確実に全てのアポクリン汗腺からの摘出手術というのは医師の腕に左右される部分になります。また、手術の後人によっては脇からの汗の量が減り、その分手のひらの汗の分量が増えたということもありますので、どの治療方法もそうですが最悪の事態というものを理解した上で選択することが必要です。
しかし、今の医学で3つも治療方法があるのは非常に患者様にとっては選べるだけありがたい時代だと思います。