ワキガと黄ばみの関連

ワキガのニオイはとても厄介です。ツーンとするような鼻につくニオイで自分自身も、周りにいる人にも不快な思いをさせます。
ですが、一度ワキガになってしまうと、簡単に治せるわけでもないのです。ワキガとは、アポクリン腺から出る汗が原因となって起きるものです。
遺伝により、発生する場合も多く、なりたくてなるわけではないのがワキガです。
アポクリン腺から分泌されるたんぱく質や脂質、アンモニアや糖類、鉄分などが皮脂線から分泌された脂肪分と混ざり合うと、細菌により分解されてニオイを発し始めます。
これがワキガの正体で、あのイヤなニオイを生み出しているのです。

 

ワキガと黄ばみとの関連

夏など多く汗をかく季節に気になるのが、洋服の黄ばみです。特にワキの下部分に多く現れ、お気に入りの洋服に染み付いてしまったり、洗っても落ちないこともあります。
その黄ばみですが、全ての人の汗が黄ばんでいるわけではないのです。黄ばみの原因とは、アポクリン腺から分泌されるリポフスチンという成分の中に、洋服を黄ばませてしまう色素が入っていて起きることなのです。
他にも、黄ばみの原因となるものがあります。最近ではニオイをごまかすつもりで、多くの制汗グッズを使う人が増えています。その制汗剤と、それぞれの皮膚の状態、汗や細菌などが混ざり合うことで、化学反応を起こし黄ばみを作る場合もあるのです。また、夏などにエアコンの効きすぎた部屋に長期間に渡っていることで、汗腺機能が低下してしまっていたりすることで黄ばみが起きることもあります。
そして緊張したときにジンワリと噴き出してくる精神性発汗が強い人もいます。精神性発汗は、アポクリン腺から出るニオイ菌を含んだベタベタした汗なので、乾くと洋服に黄ばみを作ってしまうこともあります。
また、一緒にワキガのニオイも発してしまうこともありますが、ワキガだけが原因ではないのです。つまり、洋服が黄ばんでいるからといって、ワキガであるとは限りません。
洋服の黄ばみに対処するために
まずは、汗をかいた洋服をこまめに取り替えることや、その洋服を放置したままにせず、早めに洗うのもポイントです。
汗ワキパッドなどを利用するのもおすすめですし、食生活を野菜中心のものに変えるなども効果があります。
その人の持つ皮膚の状態や汗や細菌などが全て黄ばみの原因になったりワキガの原因ともなるのです。
規則正しい生活を心がけ、体から出る汗をサラサラなものに変えていきましょう。